戸籍の問題 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート 離婚財産分与

離婚協議書・公式証書作成・離婚財産分与専門サイト 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート 柳田行政書士事務所 TEL03-3726-7536

離婚の基礎知識 戸籍の問題

離婚協議書・離婚公正証書 トップページ > 離婚手続きの基礎知識 > 戸籍の問題

戸籍については、十分な知識を得てから判断しましょう。

電話相談・魔法の質問個人セッションについてはこちら→
離婚後の戸籍や姓はどうなる?
結婚によって姓を改めた方の配偶書は、あらかじめ離婚後の戸籍と姓について決めておく必要があります。
離婚後の戸籍と姓の具体的な選択肢としては、

1 旧姓に戻り、結婚前の親の戸籍に戻る
2 旧姓に戻り、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る
3 結婚時の姓を継続して名のり、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る
の3つです。

子どもを自分の戸籍に入れるためには、2・3のどちらかで自分を筆頭者とした戸籍を作らなければいけません。
また、すでに両親が死亡している場合も、結婚前の親の戸籍に戻ることはできませんので、自分を筆頭者とした戸籍を作ることになります。


 離婚前の姓を名のるには?

結婚によって姓を改めた方の配偶者は、離婚によって旧姓に戻るのが原則ですが、結婚時の姓を継続して名のることも可能です。
この場合には、離婚成立後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出します。
届出期間を過ぎた場合には家庭裁判所の許可が必要になるため、できるだけ離婚届と同時に
提出するとよいでしょう。


 子どもの戸籍と姓はどうなる?

夫婦が離婚した場合、子どもは離婚前の戸籍に残されます。

母が親権者となり、子どもの氏(姓)を母の氏(姓)に変え、母の戸籍に入れたい場合には、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の審判」の申し立てをすることが必要になります。

この審判を申し立てるには、母が離婚後の自分の戸籍謄本と、離婚した父の戸籍謄本を添えて、家庭裁判所に提出します。
家庭裁判所の許可が下りると「審判書」が交付されますので、この審判書を添えて市区町村役場に子どもの「入籍届」を提出すれば、母親と子どもが同じ姓を名のり、母親の戸籍に子どもを移すことができます。


ご案内メニュー

電話相談・魔法の質問
個人セッション実施中
詳しくはこちら

Copyright (c) 離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート. All rights Reserved.
離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成代行 手続き 女性行政書士が東京 日本全国 海外在住者まで応対
当サイトは、柳田行政書士事務所が運営しています。
ページの先頭へ