トラブルQ&Aその2 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート 離婚財産分与

離婚協議書・公式証書作成・離婚財産分与専門サイト 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート 柳田行政書士事務所 TEL03-3726-7536

トラブルQ&A その2

離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書 トップページ > トラブルQ&Aその2

離婚後、元夫が亡くなったら子どもの相続はどうなる?

夫婦が離婚しても、親子の血縁関係が変わるということはありません。
親権者・戸籍の問題に関りなく、両親のどちらかが亡くなった場合には、子どもに財産(負債を含む)が相続されます。
ここでは、離婚後子どもを母が養育、離れて暮らす父が死亡した次のケースについて法定相続分を説明します。

@父が再婚しないまま死亡
父が再婚をしないまま亡くなった場合は、子どもがすべて相続します。
A父が再婚をしたが子どもがいない場合
父が再婚した場合は、再婚した妻が2分の1、子どもが2分の1を相続します。
B父が再婚し、妻と子どもがいる場合
再婚した妻が2分の1。子ども(前妻の子ども・再婚後の子ども)全員で残りの2分の1を均等割り
C父が再婚し、妻と妻の連れ子(養子縁組)がいる場合
再婚した妻が2分の1。子ども(前妻の子ども・養子縁組した再婚後の子ども)全員で残りの2分の1を均等割りします。
 このように、離婚は夫婦だけの問題ではなく、
 子どもも当事者である・・・

 ということがご理解いただけると思います。
 ご自身または元配偶者が亡くなった場合、見知らぬ再婚相手や
 その子どもと、あなたのお子さまは相続の協議をしなければならない、
 という事態が 起こり得るのです。

 離婚や再婚をなさった方は、
 ぜひ公正証書遺言を作成することをお勧めします。

 (現在、『すまいる相続.net』という専門サイトを作成中です。
 当事務所では公正証書遺言作成についてのお問合せも
 受け付けております。 お気軽にご相談下さい。)

 ここで、ワンポイント。
 〜保険金は相続とは関係がありません〜

 相続人が複数いる場合でも、保険金を受領できるのは、
 保険契約で受取人に指定されている者だけです。
 相続についてはゆっくり考えるにしても、離れて暮らす前妻の子どもを
 受取人とした保険を残しておく・・・という方法もありますね。

再婚した夫と離婚するので、夫と子どもの養子縁組を解消したい

母親が子どもを連れて再婚した場合、母親は夫の戸籍に入りますので、子どもの戸籍を同じく夫の戸籍に入れるには、養子縁組をすることになります。
養子縁組することで、夫は養親となり親権者となりますので、子どもを監護養育する権利義務が生じます。法律上の親子関係ができるということですね。
では、この再婚相手と離婚する場合はどうしたらよいのでしょうか?
実母と養父が離婚しても、当然養父と子どもとの親子関係がなくなるということはなく、養父との離縁手続きが必要になります。
(離縁の手続きに関しては、近日中に離婚手続きの基礎知識に掲載する予定です。今しばらくお待ち下さい。)

血縁関係の親子は、両親の離婚によって消滅するものではありませんが、離縁の場合は、法律上の親子関係が消滅しますので、相続権もなくなります。


前のページへ戻る→

 

ご案内メニュー

電話相談・魔法の質問
個人セッション実施中
詳しくはこちら

Copyright (c) 離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート. All rights Reserved.
離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成代行 手続き 女性行政書士が東京 日本全国 海外在住者まで応対
当サイトは、柳田行政書士事務所が運営しています。
ページの先頭へ